安全側線(読み)あんぜんそくせん

百科事典マイペディアの解説

安全側線【あんぜんそくせん】

停車場構内で列車の運行の誤りや過走などにより衝突のおそれがあるとき,一方の列車をそらせて事故の防止または軽減をはかるための行止り線をいう。終端には列車を止めるため砂利盛りがしてある。
→関連項目側線(鉄道)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる