コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安全側線 あんぜんそくせん

百科事典マイペディアの解説

安全側線【あんぜんそくせん】

停車場構内で列車の運行の誤りや過走などにより衝突のおそれがあるとき,一方の列車をそらせて事故の防止または軽減をはかるための行止り線をいう。終端には列車を止めるため砂利盛りがしてある。
→関連項目側線(鉄道)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安全側線
あんぜんそくせん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

安全側線の関連キーワード側線(鉄道)

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android