運行(読み)うんこう

精選版 日本国語大辞典「運行」の解説

うん‐こう ‥カウ【運行】

〘名〙
① 物事や人が進み動くこと。
※東寺百合文書‐ム・応安六年(1373)二月一四日・学衆方評定引付「然而親安之為躰、急速難運行哉」
※労働関係調整法(1946)三五条「国民経済の運行を著しく阻害し」
② きまった道筋に沿って、巡り進むこと。現在では多く、天体や交通機関などについていう。
※彝倫抄(1640)「天地の動静、日月の運行(ウンカウ)、山河草木の体(てい)」 〔易経‐繋辞〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「運行」の解説

うん‐こう〔‐カウ〕【運行】

[名](スル)
惑星・衛星・彗星(すいせい)などが、その軌道上を運動すること。「地球の運行
電車やバスなどが決まった路線をたどって行くこと。「列車の運行
物事が進んでいくこと。
「穂先の―がねっとりと竦(すく)んで仕舞(しま)ったのかと思うと」〈漱石・子規の画〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android