コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安名 アンミョウ

デジタル大辞泉の解説

あん‐みょう〔‐ミヤウ〕【安名】

禅宗で、新しく得度受戒した僧に、戒師法名(ほうみょう)を与えること。また、そのときの文書

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あんみょう【安名】

禅宗で、得度・受戒した者に師の与える法名。また、それを記した文書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の安名の言及

【墨跡】より

…(3)大字,少字のもの 詩や文ではないが,墨跡の範疇で鑑賞されている。(a)安名(あんみよう) 出家し得度を受ける者に戒師が法名(法諱(ほうい)もしくは諱(いみな)という)を与えるが,その名号を書いたもの。(b)道号 師が弟子に授ける道号2字を大書したもの。…

※「安名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安名の関連キーワード沖縄県宮古島市城辺保良沖縄県宮古島市平良狩俣沖縄県宮古島市犬とボクの日日城辺(沖縄県)脇本 楽之軒宮古島(市)飯島 与志雄城辺[町]脇本楽之軒城辺〈町〉東平安名崎東平安名岬平安名崎王陽明催馬楽伊勢海池間島パナリ平良

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安名の関連情報