看聞御記(読み)かんもんぎょき

日本大百科全書(ニッポニカ)「看聞御記」の解説

看聞御記
かんもんぎょき

伏見宮貞成(ふしみのみやさだふさ)親王(のち後崇光(ごすこう)院)の日記。44巻、別記11巻。45歳の1416年(応永23)より書き始め、48年(文安5)までの33年に及ぶ(途中欠巻あり)。来翰(らいかん)などのほか、連歌懐紙(れんがかいし)の紙背が多用されているのは珍しい。皇子彦仁(ひこひと)王が後花園(ごはなぞの)天皇として即位する前後の政局、将軍足利義教(あしかがよしのり)時代の幕府や守護の動静をはじめ、能、狂言や茶、いけ花など芸能、風俗に関する記事、市井の雑事に至るまで内容は多彩で、『満済准后日記(まんさいじゅごうにっき)』と並ぶ室町時代中期の代表的な日記である。自筆本がコロタイプ版で複製刊行され、活字としては『続群書類従』(補遺2)があり、紙背文書・別記は『図書寮叢刊(ずしょりょうそうかん)』に収められている。

[桑山浩然]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「看聞御記」の解説

かんもんぎょき【看聞御記】

後崇光院(伏見宮貞成親王)の日記。本記四一巻、別記一三巻。応永二三年(一四一六)から文安五年(一四四八)にわたり、宮廷室町幕府諸大名動向世俗出来事などを記す。室町前期の貴重な資料。原題看聞日記」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「看聞御記」の解説

看聞御記
かんもんぎょき

室町中期,伏見宮貞成 (さだふさ) 親王の日記
『看聞日記』ともいう。親王は後花園天皇の父,諡号 (しごう) を後崇光院という。1416年から'48年に至る朝廷の出来事および室町幕府の諸事象が記述され,自筆本が現存する。この時代の基本史料として重要。『続群書類従』に収録されている。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「看聞御記」の解説

看聞御記
かんもんぎょき

『看聞日記』『後崇光院御記』ともいう。室町時代の日記。伏見宮貞成 (さだふさ) 親王著。 41巻,別記2巻。応永 23 (1416) ~文安5 (48) 年の間のものが宮内庁書陵部に現存。貴族社会や朝幕関係の見聞を,後日の不審にそなえて記述したもの。漢文。『続群書類従』所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android