安宅 英一(読み)アタカ エイイチ

20世紀日本人名事典の解説

安宅 英一
アタカ エイイチ

昭和期の実業家 元・安宅産業会長。



生年
明治34(1901)年1月1日

没年
平成6(1994)年5月7日

出生地
香港

出身地
兵庫県神戸市

学歴〔年〕
神戸高商(現・神戸大学経済学部)〔大正13年〕卒

経歴
大正14年安宅商会(のちの安宅産業)に入社。その後ロンドン支店長となり、昭和20〜22年及び30〜40年の2回会長を務めた。のち社主。実務にはほとんどタッチせず、52年安宅産業の伊藤忠商事への吸収合併の際は相談役社賓。財界きっての趣味人といわれ、中国や朝鮮の高麗李朝の古陶磁のコレクターとして有名。55年約1000点の安宅コレクションを大阪市に寄贈し、大阪市立東洋陶磁器美術館に、収蔵、公開される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安宅 英一の関連情報