伊藤忠商事(読み)いとうちゅうしょうじ(英語表記)ITOCHU Corporation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「伊藤忠商事」の解説

伊藤忠商事
いとうちゅうしょうじ
ITOCHU Corporation

総合商社。創設者は伊藤忠兵衛安政5(1858)年麻布卸売業として創業。1872年紅忠,1893年伊藤糸店を開店し,1914年伊藤忠合名会社設立。1918年株式会社に改組して伊藤忠商事を設立。1941年丸紅商店(→丸紅),岸本商店と合併して三興となり,1944年呉羽紡績,大同貿易と合併して大建産業となった。1949年過度経済力集中排除法により大建産業が 4社に分離して,現社設立。1961年森岡興業,1964年青木商事を合併。繊維商社として発展し,高度成長期には重化学製品にも進出して総合商社の内容を整えた。1977年安宅産業,1991年青山地所を合併。1998年ファミリーマート傘下に収めた。食料品や情報・金融分野などにも進出。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015「伊藤忠商事」の解説

伊藤忠商事

正式社名「伊藤忠商事株式会社」。英文社名「ITOCHU Corporation」。卸売業。大正7年(1918)設立。戦時中の合併を経て、昭和24年(1949)に再独立。本社は大阪市中央区久太郎町。東京本社は東京都港区北青山。発祥は安政5年(1858)伊藤忠兵衛によって創業された繊維問屋。非財閥系で最大手の総合商社。繊維取扱量トップクラス。ほかに情報通信関連・金属エネルギー関連など。東京(第1部)・名古屋(第1部)・札幌・福岡の各証券取引所上場。証券コード8001。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android