コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤忠商事 いとうちゅうしょうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊藤忠商事
いとうちゅうしょうじ

四大総合商社の1つ。創設者は伊藤忠兵衛。安政5 (1858) 年麻布卸売業として創業。明治5 (72) 年紅忠,1893年伊藤糸店と称し,1914年伊藤忠合名会社設立。 18年株式会社に改組して伊藤忠商事と改称,41年丸紅商店 (現丸紅 ) ,岸本商店と合併して三興設立。 44年呉羽紡績,大同貿易と合併して大建産業を設立。 49年過度経済力集中排除法により分離して現社設立。 61年森岡興業,64年青木商事を合併。繊維商社として発展し,高度成長期には重化学製品にも進出して総合商社の内容を整える。 77年安宅産業,91年青山地所を合併。 98年ファミリーマートを傘下に収める。最近はスポーツ施設など他分野にも進出し,大成観光と共同経営でグアム・ホテル・オークラを設立した。 99年オンライン証券に参入。売上構成比は,繊維 10%,機械 18%,宇宙情報7%,金属 10%,エネルギー・化学品 23%,生活 26%,建設6%。年間売上高 13兆 9005億 6700万円 (SEC方式。貿易比率 45%) ,資本金 1747億 1100万円,従業員数 5775名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

伊藤忠商事

正式社名「伊藤忠商事株式会社」。英文社名「ITOCHU Corporation」。卸売業。大正7年(1918)設立。戦時中の合併を経て、昭和24年(1949)に再独立。本社は大阪市中央区久太郎町。東京本社は東京都港区北青山。発祥は安政5年(1858)伊藤忠兵衛によって創業された繊維問屋。非財閥系で最大手の総合商社。繊維取扱量トップクラス。ほかに情報通信関連・金属エネルギー関連など。東京(第1部)・名古屋(第1部)・札幌・福岡の各証券取引所上場。証券コード8001。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

伊藤忠商事の関連キーワードマツダの2012年3月期連結決算オリエントコーポレーションマイスターエンジニアリングセンチュリー21・ジャパン東京センチュリーリース地方分権改革推進委員会センチュリーメディカル伊藤 忠兵衛(2代目)伊藤忠プラスチックス伊藤忠ロジスティクス滋賀県犬上郡豊郷町伊藤忠プランテック日本テレマティーク伊藤忠兵衛(2代)トーヨーエイテック伊藤忠商事[株]伊藤忠商事(株)流通業界の再編ジャパンフーズ小売電気事業者

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊藤忠商事の関連情報