コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安平古堡 あんぺいこほ

1件 の用語解説(安平古堡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

あんぺいこほ【安平古堡】

台湾島西南部の台南(臺南、タイナン)市にある古城址。台湾がオランダの統治下にあった1624年に、オランダ東インド会社により建設された台湾で最も古い城堡(ゼーランジャ城)で、ここにオランダ政庁が置かれていた。のちにオランダの勢力を駆逐した鄭成功(ていせいこう)はこの城を3代にわたって居城とした。現在は城の壁や垣の一部、レンガの土台が残っている。城址の洋風建築は1930年に日本が税関の宿舎として建設した建物で、オランダ統治時代から現代に至る安平の歴史を紹介する資料館となっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安平古堡の関連キーワード西南日本西南日本外帯西南日本内帯西南学院大学西南女学院大学西南西南西西南の役台南東西南北

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone