コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安平古堡 あんぺいこほ

1件 の用語解説(安平古堡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

あんぺいこほ【安平古堡】

台湾島西南部の台南(臺南、タイナン)市にある古城址。台湾がオランダの統治下にあった1624年に、オランダ東インド会社により建設された台湾で最も古い城堡(ゼーランジャ城)で、ここにオランダ政庁が置かれていた。のちにオランダの勢力を駆逐した鄭成功(ていせいこう)はこの城を3代にわたって居城とした。現在は城の壁や垣の一部、レンガの土台が残っている。城址の洋風建築は1930年に日本が税関の宿舎として建設した建物で、オランダ統治時代から現代に至る安平の歴史を紹介する資料館となっている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone