安渡(読み)あんど

精選版 日本国語大辞典の解説

やす‐の‐わたり【安渡】

安河(やすのかわ)の渡り。天の川の渡し場。
※万葉(8C後)一〇・二〇〇〇「天の河安渡(やすのわたり)に船浮けて秋立つ待つと妹に告げこそ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の安渡の言及

【大槌[町]】より

…海岸部をJR山田線,国道45号線が走る。湾内の安渡(あんど)は天然の良港で,近世は江戸との海産物取引の基地となっていた。産業の中心は水産業で,イカなどの沿岸漁業とホタテガイ,ワカメの養殖が盛ん。…

※「安渡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安渡の関連情報