煤払い(読み)すすはらい

  • ×煤払い
  • すすはらい〔はらひ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本の年中行事。年末に天井や壁にたまったを取除き大掃除をすること。近年は正月休みに入る 12月 29日とか 30日が多いが,伝統的には 12月 13日に行なった。この日は正月を迎えるための準備を開始する神聖な日であった。現在でも,煤払いのために特別に笹竹を用意し,終了後に神酒や赤飯を供え,正月のドンド焼きまで保存したりするところが多く,煤払い後に門松に使用する松や竹を山から切ってくる地方もある。また以前は奉公人の出替りの日でもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

煤掃きとも。新年を迎える準備として行う歳末の大掃除。江戸時代には江戸城をはじめとして12月13日が煤掃きと定められていた。年神祭の準備という信仰的な意味もあった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

屋内にたまったすすやほこりを払って掃除をすること。
年末、正月の準備に家の内外を大掃除すること。江戸時代には、12月13日が恒例であった。すすはき。すすとり。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正月を迎えるにあたって、家の内外を清掃する年中行事。いろりで薪(たきぎ)を燃す生活では、煤のたまることが多かった。近来は実用的な大掃除(おおそうじ)の意味で、正月飾りの直前にあたる12月25日前後にする家が多いが、もとは年神(としがみ)祭りのための物忌みに入る日で、12月13日とするのが古風であった。この日を煤取り節供、煤の年取り、十三日節供などといい、神棚やいろりの自在鉤(じざいかぎ)などはとくに念入りに清め、魚や煮しめを煤神様に供える地方もある。竹竿(たけざお)の先に藁(わら)をくくりつけた煤払いの道具を、煤ぼんでんとか煤男とかいい、使ったあと屋外の雪の上や肥料の上に立てておき、年神様の依代(よりしろ)にする地方もあり、小(こ)正月のとんどの火で焼く所も多い。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例