コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安積覚兵衛 あさか かくべえ

1件 の用語解説(安積覚兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安積覚兵衛 あさか-かくべえ

?-? 江戸時代前期の武士。
安積希斎(きさい)の父。安積澹泊(たんぱく)の祖父。小笠原氏につかえ,関ケ原の戦いで功をたてる。のち主君に不満をいだいて出奔し,名を飯土用総内とあらためる。初代常陸(ひたち)水戸藩主徳川頼房(よりふさ)にとりたてられ,原名に復した。名は正信。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の安積覚兵衛の言及

【安積澹泊】より

…江戸中期の儒学者。水戸藩士。字は子先,通称は覚兵衛,澹泊斎また老圃と号し,致仕後老牛と改めた。祖父正信のとき初代藩主徳川頼房に仕え,父貞吉は儒学を好み,詩文をよくした。1665年(寛文5)から朱舜水に師事。70年大番組で200石,75年には小納戸役に進む。83年彰考館編修,92年(元禄5)300石,翌年同館総裁に任ぜられ,2代藩主徳川光圀を助けて《大日本史》の編纂に主導的役割を果たした。1714年(正徳4)総裁を辞したが,その後も本紀・列伝の校訂作業を続け,16年(享保1)から5年間は〈論賛〉の執筆に当たった。…

※「安積覚兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安積覚兵衛の関連キーワード安積希斎生駒利勝加藤光正木村亦次郎楠不伝死人小左衛門多賀左近寺村山川戸田重種槙吉之丞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone