安積希斎(読み)あさか きさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安積希斎 あさか-きさい

1630-1666 江戸時代前期の儒者。
寛永7年生まれ。安積覚兵衛(かくべえ)の子。安積澹泊(たんぱく)の父。常陸(ひたち)水戸藩士。詩文をよくし,承応(じょうおう)のころ儒員となる。浅香とかいていた姓を,藩主徳川光圀(みつくに)の命で安積にあらためた。寛文6年7月17日死去。37歳。名は貞吉。字(あざな)は恵吉。通称は介之丞。著作に「希斎集」「祭礼私考」「酔吟稿」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android