コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤織馬 あんどう しきま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤織馬 あんどう-しきま

?-? 幕末の武士。
備後(びんご)(広島県)福山藩士安藤外記の養子。万延元年(1860)会津(あいづ)藩士黒河内十太夫に長沼流木本派軍法をまなび,帰藩後,講武所をひらいて講義。文久3年公武合体を説き長州藩などとの交渉にあたった。慶応元年隠居。七十余歳で没したという。本姓は三浦。名は宜孝,定【G3708】。号は藤斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安藤織馬の関連キーワード安藤藤斎備後

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android