備後(読み)ビンゴ

精選版 日本国語大辞典の解説

びんご【備後】

[1] 山陽道八か国の一国。古くは吉備国の一部。大化改新後に吉備国が備前・備中・備後の三か国に分割されて成立。鎌倉時代は土肥・長井氏が守護、南北朝時代以後細川・山名・毛利氏などが領有。江戸時代は福山・広島の二藩および天領などに分かれる。明治四年(一八七一)の廃藩置県後、旧福山藩領は一時岡山県に編入されたが、同九年に広島県東部となる。
[2] 〘名〙 「びんごおもて(備後表)」の略。
※志不可起(1727)「或畳表を備後、近江、琉球などと云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

備後の関連情報