コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安貴王 あきおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安貴王 あきおう

?-? 奈良時代,春日王(かすがのおう)の王子。
妻は紀少鹿女郎(きの-おしかのいらつめ)。天平(てんぴょう)5年(733)子の市原王が父の長寿をいわった歌や,安貴王が12年の聖武(しょうむ)天皇の伊勢(いせ)旅行に同行してつくった歌などが「万葉集」にある。阿貴王,阿紀王ともかく。
【格言など】秋立ちて幾日(いくか)もあらねばこの寝ぬる朝明(あさけ)の風は手本(たもと)寒しも(「万葉集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安貴王の関連キーワード因幡八上采女紀少鹿女郎紀郎女紀女郎市原王春日王

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安貴王の関連情報