コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

完全反磁性 かんぜんはんじせい perfect diamagnetism

1件 の用語解説(完全反磁性の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

完全反磁性
かんぜんはんじせい
perfect diamagnetism

磁場を加えたときに物質内部の磁束密度が0であり,さらに磁場を取除いたときに物質の内外の磁場が完全に消滅する物質の磁気的性質をいい,この物質の透磁率は0であることを意味する。超伝導体完全反磁性を示すことが知られており,これをマイスナー効果という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の完全反磁性の言及

【超伝導】より

…この相を超伝導相といい,Tcが超伝導相への転移温度である。
[完全反磁性]
 超伝導のもっとも大きな特徴である電気抵抗の消失は以下のように説明される。一般に,電子の量子力学的に安定な状態(固有状態)は,磁場中に置かれると還流する電流をもつようになる。…

※「完全反磁性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

完全反磁性の関連キーワード磁化磁束密度電磁ポンプ電束密度透磁率ファラデー効果変位電流ガウスメーター残留磁束密度飽和磁束密度

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone