透磁率(読み)とうじりつ(英語表記)magnetic permeability

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

透磁率
とうじりつ
magnetic permeability

物質の磁気的性質を表す定数。磁気誘導容量ともいう。記号にはμがよく使われる。磁束密度 B磁場 H との関係は B=μH で与えられる。磁化の難易度を表す磁化率 χm を用いると SI単位で μ=(1+χm0 となる。μ0 は真空の透磁率で μ0=1.256637×10-6H/m である。μ/μ0 を比透磁率という。実用上,透磁率として比透磁率を用いることが多い。ガウス単位系では μ=1+4πχm であり,真空の透磁率は 1となる。常磁性体の透磁率は真空の透磁率とほとんど変わらないが,強磁性体の透磁率は真空の透磁率の数百倍以上に達し,磁場の強さとともに変化する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

透磁率【とうじりつ】

誘磁率とも。磁場内におかれた磁性体の磁束密度と磁場の強さとの比μを透磁率という。MKSA単位系(MKS単位系)ではこれを絶対透磁率といい,真空の透磁率μ(/0)との比を比透磁率という。ガウス単位系では真空の透磁率μ(/0)は1だから,その透磁率はMKSA単位系の比透磁率に等しく,単に透磁率といえば,この値を指す。→磁化率
→関連項目強磁性体常磁性

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうじりつ【透磁率 magnetic permeability】

物質中の磁束密度は物質の磁気的性質により増加,または減少するが,その度合を示す量を透磁率と呼ぶ。導磁率ともいう。磁束密度をB,磁場をHとすると,強磁性の場合を除いて,B=μHで透磁率μが定義される。ガウス単位系では真空の透磁率μ0は1であり,μは真空の透磁率との比に等しい。MKSA単位系ではμを絶対透磁率といい,μ0との比を比透磁率と呼ぶ。すなわちMKSA単位系の比透磁率とガウス単位系の透磁率は等しく,単に透磁率といえばこれを指す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうじりつ【透磁率】

磁性体の磁化の様子を表す物質定数。磁束密度の大きさと磁場の強さとの比。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

透磁率
とうじりつ

磁性材料磁化しやすさを表す量。強さHの磁界を与えたとき、磁性体が磁化して生じた磁束密度をBとすると、
  μ=B/H
が透磁率である。真空の透磁率μ0との比を比透磁率とよび、通常これが用いられる。透磁率はHの関数で、最大の値を最大透磁率、Hがごく小さいときの値を初透磁率という。μの高いものは高透磁率材料、あるいは軟(ソフト)磁性材料とよばれ、トランスの磁心などに用いられる。
 透磁率は物質定数ではなく、構造敏感な量であるため、製造技術や取扱い方法などに強く影響される。交流で磁性材料を利用するとき、周波数が上がるにつれて透磁率は低下するが、金属材料に比べフェライトは低下が少なく、高周波で使用できる。時間とともに透磁率が減少することがあり、これはディスアコモデーションとよばれて、材料の不安定性の尺度とされる。[太田恵造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android