コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透磁率 とうじりつmagnetic permeability

6件 の用語解説(透磁率の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

透磁率
とうじりつ
magnetic permeability

物質の磁気的性質を表す定数。磁気誘導容量ともいう。記号にはμがよく使われる。磁束密度 B磁場 H との関係は B=μH で与えられる。磁化の難易度を表す磁化率 χm を用いると SI単位で μ=(1+χm0 となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

透磁率【とうじりつ】

誘磁率とも。磁場内におかれた磁性体の磁束密度と磁場の強さとの比μを透磁率という。MKSA単位系MKS単位系)ではこれを絶対透磁率といい,真空の透磁率μ(/0)との比を比透磁率という。
→関連項目強磁性体常磁性

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうじりつ【透磁率 magnetic permeability】

物質中の磁束密度は物質の磁気的性質により増加,または減少するが,その度合を示す量を透磁率と呼ぶ。導磁率ともいう。磁束密度をB,磁場をHとすると,強磁性の場合を除いて,B=μHで透磁率μが定義される。ガウス単位系では真空の透磁率μ0は1であり,μは真空の透磁率との比に等しい。MKSA単位系ではμを絶対透磁率といい,μ0との比を比透磁率と呼ぶ。すなわちMKSA単位系の比透磁率とガウス単位系の透磁率は等しく,単に透磁率といえばこれを指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうじりつ【透磁率】

磁性体の磁化の様子を表す物質定数。磁束密度の大きさと磁場の強さとの比。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

透磁率
とうじりつ

磁性材料の磁化しやすさを表す量。強さHの磁界を与えたとき、磁性体が磁化して生じた磁束密度をBとすると、
  μ=B/H
が透磁率である。真空の透磁率μ0との比を比透磁率とよび、通常これが用いられる。透磁率はHの関数で、最大の値を最大透磁率、Hがごく小さいときの値を初透磁率という。μの高いものは高透磁率材料、あるいは軟(ソフト)磁性材料とよばれ、トランスの磁心などに用いられる。
 透磁率は物質定数ではなく、構造敏感な量であるため、製造技術や取扱い方法などに強く影響される。交流で磁性材料を利用するとき、周波数が上がるにつれて透磁率は低下するが、金属材料に比べフェライトは低下が少なく、高周波で使用できる。時間とともに透磁率が減少することがあり、これはディスアコモデーションとよばれて、材料の不安定性の尺度とされる。[太田恵造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

透磁率の関連情報