コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗 重望 ソウ シゲモチ

20世紀日本人名事典の解説

宗 重望
ソウ シゲモチ

明治・大正期の伯爵 貴院議員。



生年
慶応3年7月27日(1867年)

没年
大正12(1923)年3月26日

出身地
対馬国府中(長崎県)

経歴
対馬府中藩主・宗重正の子に生まれ、のち対馬藩主となる。日清戦争の際、対馬義勇団を組織。明治31年宮内省式部職掌典、37〜40年貴院議員。伯爵星石または白雲山樵と号し、室を疎雨亭・小雲山房と称した。文事を好み、亀谷省軒に学び、最も書を得意とし篆刻・造研も習得。書は初め土佐流を学び、のち大倉雨村について南宗に転じ、明治の末頃中国に遊び呉昌碩・陸廉夫らと交流、書論を闘わして帰国した。また文人画にも造詣が深く、東京南画会会長などを務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

宗 重望の関連キーワード宗星石

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android