宗和膳(読み)そうわぜん

食器・調理器具がわかる辞典「宗和膳」の解説

そうわぜん【宗和膳】

黒または朱(しゅ)の(うるし)塗りの四つ脚の膳。江戸時代から本膳として普及した。江戸前期の茶人・金森宗和(かなもりそうわ)が好んだことからこの名がある。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の宗和膳の言及

【膳】より

…足の形によって,蝶足,宗和(そうわ)足,猫足,銀杏(いちよう)足,胡桃(くるみ)足などの名があり,蝶足膳は足がチョウの羽を広げたような形をし,外黒内朱塗りで祝膳に用いられた。宗和(足)膳は茶人金森宗和の好みに始まるもので,内外とも朱または黒塗りで客用とされた。猫足膳は中足膳ともいい,ネコのそれに似た足をつけた黒塗りのものが多く,イチョウの葉のような足をつけた銀杏足膳とともに,略式の場合に用いられた。…

※「宗和膳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android