コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定期年金 テイキネンキン

デジタル大辞泉の解説

ていき‐ねんきん【定期年金】

郵政民営化前に取り扱われていた簡易保険商品の一。年金受取人が年金支払い開始年齢に達した日から一定期間、その受取人の生存中に限って年金の支払いをするもの。民営化後は独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構が継承。
かんぽ生命が販売する「新定期年金保険」。加入者があらかじめ年金受取開始年齢を決めておき、10年間一定の年金を受け取る。公的年金の支給が始まるまでのつなぎ資金などに利用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていきねんきん【定期年金】

有期ゆうき年金

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の定期年金の言及

【郵便年金】より

…1981年の改正により新しい制度がスタートした。この〈新郵便年金〉には,(1)保障期間付据置終身年金と(2)定期年金とがある。(1)は年金受取人の生存期間中ずっと年金が支払われるもので,年金支払開始時期を55歳から5歳きざみで70歳までのいずれかに決めることができる。…

※「定期年金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

定期年金の関連キーワード簡易生命保険有期年金郵便年金

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定期年金の関連情報