株式会社かんぽ生命保険(読み)カブシキガイシャカンポセイメイホケン

デジタル大辞泉の解説

かぶしきがいしゃ‐かんぽせいめいほけん〔かぶシキグワイシヤ‐〕【株式会社かんぽ生命保険】

日本郵政グループの生命保険会社。平成18年(2006)準備会社「株式会社かんぽ」として設立。翌平成19年(2007)、日本郵政公社民営・分社化に伴い現名称に変更。本社は東京都千代田区にある。総資産81兆5452億円で、生命保険会社として世界最大規模。持株会社日本郵政が全株式を保有する(平成28年3月末現在)。かんぽ生命JPかんぽ生命。→日本郵政グループ
[補説]民営化以前の簡易生命保険は独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構が継承。業務はかんぽ生命保険を経由して郵便局に委託されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android