コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定額従量制 テイガクジュウリョウセイ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

定額従量制

通信サービスの料金体系のひとつ。使用した時間によって課金される従量制と、一定料金を支払えば無制限に接続できる定額制を組み合わせた折衷タイプ。一定時間までは定額制で、その時間を超えると、そこから先は従量制になる。携帯電話のパケット通信割引サービスに多く採用されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ていがく‐じゅうりょうせい〔‐ジユウリヤウセイ〕【定額従量制】

インターネットの接続や携帯電話などの通信サービスで用いられる料金システムの一。一定の利用時間やデータ通信量に達するまでは定額とし、それを超過した時間に応じて課金すること。半従量制。→定額制従量制

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

定額従量制の関連キーワード部分定額制

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android