従量制(読み)じゅうりょうせい

  • じゅうりょうせい〔ジユウリヤウ〕

パソコンで困ったときに開く本の解説

インターネット接続などで、利用時間や送受信したデータ量に応じて接続料金が加算されていく料金体系のことをいいます。「従量課金」ともいいます。利用時間が長い人や送受信するデータ量が多い人は、定額制のほうがお得になることが多いです。一定金額までは従量制で、基準を超えると料金が一定額になる「プライスキャップ」という制度も利用されています。
⇨定額制

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

measured rate》インターネットの接続や携帯電話などの通信サービスで用いられる料金システムの一。利用時間やデータ通信量に応じて課金すること。→定額制定額従量制

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android