コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宛として エントシテ

デジタル大辞泉の解説

えんと‐して〔ヱンと‐〕【宛として】

[副]非常によく似ているさま。まるで。さながら。あたかも。
「―孤舟に座するの思いがある」〈蘆花自然と人生

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えんとして【宛として】

( 副 )
さながら。あたかも。 「 -孤舟に坐するの思がある/自然と人生 蘆花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報