コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼前 ガンゼン

デジタル大辞泉の解説

がん‐ぜん【眼前】

[名]目の前。ごく身近な所。まのあたり。目前(もくぜん)。「眼前に広がる景色」
[名・形動ナリ]明らかなこと。確かなこと。また、そのさま。
「兄弟なることは―なり」〈曽我・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がんぜん【眼前】

( 名 )
目の前。まのあたり。目前。 「 -に海が開ける」 「事故を-にする」
( 名 ・形動ナリ )
明らかなこと。明白。 「兄弟なることは-なり/曽我 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

眼前の関連キーワードオスピッツォベルニーナ驕る平家は久しからずアイガーグレッチャー影向・影響・影嚮心ここに在らずドウズポイント眼瞼閉鎖反射上田五千石範疇的態度オニカサゴ目の当たり湯の児温泉現成・見成厖然・尨然眉に迫る平野久利果心居士津田正生スケッチ猫だまし

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

眼前の関連情報