コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然と人生 しぜんとじんせい

4件 の用語解説(自然と人生の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然と人生
しぜんとじんせい

徳富蘆花の随筆小品集。 1900年刊。『不如帰 (ほととぎす) 』の大成功により文名を高めた作者が,民友社入社 (1889) 当時から書きためた散文をまとめて発表したもの。内容は小説,評伝,散文詩 87編など種々雑多だが,3部に分けた散文詩中『湘南随筆』が最も知られ,自然描写の克明なノートが簡潔な漢語表現と香り高いロマン性によって貫かれ,作者の評価を一層高めるものとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しぜんとじんせい【自然と人生】

徳冨蘆花の随筆小品集。明治33年(1900)刊。自然描写を主とした散文詩87編のほかに、短編小説と画家コローの評伝を収める。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しぜんとじんせい【自然と人生】

徳冨蘆花の随筆小品集。1900年(明治33),民友社刊。巻頭に短編小説《灰燼(かいじん)》(1899初出)を,巻末に《風景画家コロオ》(1897初出)をおき,その間に自然の写生を主体とした散文詩風の小品文87編を〈自然に対する五分時〉〈写生帖〉〈湘南雑筆〉の3部に分けて収めている。従来最もよく知られたのは〈湘南雑筆〉で,1899年,1年間克明にとったこの自然観察のノートは,汎神論的な自然観とそれに接合する社会観との独自の文体による表現を通じて,大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しぜんとじんせい【自然と人生】

随筆・小品集。徳富蘆花作。1900年(明治33)刊。短編小説・評伝・随筆・散文詩を収録。万物に神を見る汎神論はんしんろん的自然観がうかがえる。自然詩人としての名声が高まった作品。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自然と人生の関連キーワード逗子千曲川のスケッチみみずのたはこと蘆花恒春園徳冨蘆花記念文学館徳冨愛子グリーグ:抒情小品集 第3集/piano solo早坂 文雄:室内のためのピアノ小品集/piano soloグリーグ:抒情小品集 第1集/piano soloウィッフィン:猫の小品集/piano solo

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自然と人生の関連情報