コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然と人生 しぜんとじんせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然と人生
しぜんとじんせい

徳冨蘆花随筆小品集。1900年刊。『不如帰』の大成功により文名を高めた徳冨が,1889年に民友社に入社した当時から書きためた散文をまとめたもの。内容は小説,評伝散文詩 87編など種々雑多だが,3部に分けた散文詩中『湘南随筆』が最も知られる。自然描写の克明なノートが簡潔な漢語表現と香り高いロマン性によって貫かれ,作者の評価をいっそう高めるものとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しぜんとじんせい【自然と人生】

徳冨蘆花の随筆小品集。明治33年(1900)刊。自然描写を主とした散文詩87編のほかに、短編小説と画家コローの評伝を収める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しぜんとじんせい【自然と人生】

徳冨蘆花の随筆小品集。1900年(明治33),民友社刊。巻頭に短編小説《灰燼(かいじん)》(1899初出)を,巻末に《風景画家コロオ》(1897初出)をおき,その間に自然の写生を主体とした散文詩風の小品文87編を〈自然に対する五分時〉〈写生帖〉〈湘南雑筆〉の3部に分けて収めている。従来最もよく知られたのは〈湘南雑筆〉で,1899年,1年間克明にとったこの自然観察のノートは,汎神論的な自然観とそれに接合する社会観との独自の文体による表現を通じて,大きな影響を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しぜんとじんせい【自然と人生】

随筆・小品集。徳富蘆花作。1900年(明治33)刊。短編小説・評伝・随筆・散文詩を収録。万物に神を見る汎神論はんしんろん的自然観がうかがえる。自然詩人としての名声が高まった作品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

自然と人生の関連キーワードささほうさぼいやり旅出立ち宛として転がるぼうと羽撃つ気咎め勢い猛降暮す屐歯瀟瀟晶晶杲杲零丁清籟静味弾糧鳥雀幽香

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自然と人生の関連情報