コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然と人生 しぜんとじんせい

4件 の用語解説(自然と人生の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然と人生
しぜんとじんせい

徳富蘆花の随筆小品集。 1900年刊。『不如帰 (ほととぎす) 』の大成功により文名を高めた作者が,民友社入社 (1889) 当時から書きためた散文をまとめて発表したもの。内容は小説,評伝,散文詩 87編など種々雑多だが,3部に分けた散文詩中『湘南随筆』が最も知られ,自然描写の克明なノートが簡潔な漢語表現と香り高いロマン性によって貫かれ,作者の評価を一層高めるものとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しぜんとじんせい【自然と人生】

徳冨蘆花の随筆小品集。1900年(明治33),民友社刊。巻頭に短編小説《灰燼(かいじん)》(1899初出)を,巻末に《風景画家コロオ》(1897初出)をおき,その間に自然の写生を主体とした散文詩風の小品文87編を〈自然に対する五分時〉〈写生帖〉〈湘南雑筆〉の3部に分けて収めている。従来最もよく知られたのは〈湘南雑筆〉で,1899年,1年間克明にとったこの自然観察のノートは,汎神論的な自然観とそれに接合する社会観との独自の文体による表現を通じて,大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しぜんとじんせい【自然と人生】

随筆・小品集。徳富蘆花作。1900年(明治33)刊。短編小説・評伝・随筆・散文詩を収録。万物に神を見る汎神論はんしんろん的自然観がうかがえる。自然詩人としての名声が高まった作品。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

自然と人生の関連キーワードアンダーソンアンベールウォルシュ江口三省フロランムルデルグラノライトアリュート岩クラ岩三遊亭円朝(初代)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自然と人生の関連情報