宝生友通(読み)ほうしょう ともみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宝生友通 ほうしょう-ともみち

?-1775 江戸時代中期の能役者シテ方。
金剛流金剛家から宝生流11代宝生友精(ともきよ)の養子となり,12代をつぐ。将軍徳川家治(いえはる)につかえた。安永4年5月20日死去。通称は九郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android