宝生宗阿弥(読み)ほうしょう そうあみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宝生宗阿弥 ほうしょう-そうあみ

?-1499 室町時代の能役者シテ方。
宝生蓮阿弥(れんあみ)の子。父の跡をつぎ,宝生流2代となる。将軍足利義持(よしもち)・義量(よしかず)・義勝(よしかつ)につかえた。明応8年6月13日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android