宝生蓮阿弥(読み)ほうしょう れんあみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宝生蓮阿弥 ほうしょう-れんあみ

?-1468 室町時代の能役者。
世阿弥(ぜあみ)の弟(一説に音阿弥(おんあみ)の弟)といわれ,大和猿楽四座のうちの宝生座(外山(とび)座)をひきいて宝生流初代とされる。世阿弥とおなじく将軍足利義満(よしみつ)につかえ,手あつい保護をうけて能楽シテ方の一流となる。応仁(おうにん)2年8月8日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android