コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実効線量 ジッコウセンリョウ

1件 の用語解説(実効線量の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じっこう‐せんりょう〔ジツカウセンリヤウ〕【実効線量】

放射線が人の健康に与える影響を表す線量。人体の各組織・臓器が受けた等価線量組織荷重係数を乗じ、全身について合計したもの。放射線被曝管理に使用される。単位はシーベルト

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実効線量の関連キーワード環境放射線放射線影響研究所放射線科シーベルト線量限度ラジエーションダメージ放射線照射入射角法則ベクレルとシーベルト被爆と被曝

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実効線量の関連情報