コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実用塩分単位 じつようえんぶんたんい practical salinity unit: psu

1件 の用語解説(実用塩分単位の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

実用塩分単位

通常海水の塩分の単位には千分率(パーミル)が用いられるが、最近海水の電気伝導度の測定から塩分を求める場合が多くなり、化学的な分析から得られた塩分 と区別するために、その場合の塩分値に千分率(パーミル)の代わりにpsuを付けるようになっている。これを実用塩分単位と呼ぶ。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実用塩分単位の関連キーワード海水塩分サーキュラーミル千分率パーミルペッパーミル鹹度クヌーセンの塩分公式塩素量

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone