コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実用塩分単位 じつようえんぶんたんいpractical salinity unit: psu

海の事典の解説

実用塩分単位

通常海水塩分の単位には千分率(パーミル)が用いられるが、最近海水の電気伝導度の測定から塩分を求める場合が多くなり、化学的な分析から得られた塩分 と区別するために、その場合の塩分値に千分率(パーミル)の代わりにpsuを付けるようになっている。これを実用塩分単位と呼ぶ。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

実用塩分単位の関連キーワード東カラフト海流リマン海流東シナ海インド洋宗谷暖流PSU日本海海氷海洋汽水親潮黒潮

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android