コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実質的ディフィーザンス じっしつてきでぃふぃーざんす

1件 の用語解説(実質的ディフィーザンスの意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

実質的ディフィーザンス

実質的ディフィーザンスとは、負債の元利金の返済にのみ充当れるように、原債務者がリスクフリー資産により解約不能の信託を設定し、将来において当該負債が原因で追加支払いが生じることのないように仕組むことで、実質的に債務が償還されたものとみなすことです。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実質的ディフィーザンスの関連キーワード質的データユーザンスフィフティーズフィフティーンレディーファーストDFDSCRDEDT

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone