コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実質的ディフィーザンス じっしつてきでぃふぃーざんす

1件 の用語解説(実質的ディフィーザンスの意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

実質的ディフィーザンス

実質的ディフィーザンスとは、負債の元利金の返済にのみ充当れるように、原債務者がリスクフリー資産により解約不能の信託を設定し、将来において当該負債が原因で追加支払いが生じることのないように仕組むことで、実質的に債務が償還されたものとみなすことです。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実質的ディフィーザンスの関連キーワード質的データユーザンスフィフティーズフィフティーンレディーファーストDFDSCRDEDT

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone