室に入りて矛を操る(読み)シツニイリテホコヲアヤツル

デジタル大辞泉の解説

室(しつ)に入(い)りて矛(ほこ)を操(あやつ)る

《「後漢書」鄭玄伝から》他人の部屋に入り込み、そこの武器をとってその持ち主を攻撃する。相手の議論を逆用して相手を攻撃することのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しつにいりてほこをあやつる【室に入りて矛を操る】

〔「後漢書鄭玄伝」より。他人の部屋に入り込んで、そこにある矛を用いて、主人を攻撃する意〕
師の論・学問を用いて、師を攻撃すること。また、相手の議論を利用して相手を攻撃すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android