室生 朝子(読み)ムロウ アサコ

20世紀日本人名事典の解説

室生 朝子
ムロウ アサコ

昭和・平成期の随筆家,小説家



生年
大正12(1923)年8月27日

没年
平成14(2002)年6月19日

出生地
東京

学歴〔年〕
聖心女学院専門部国文科中退

経歴
室生犀星の長女で、犀星の「杏っ子」のモデル。昭和37年刊行の「赤とんぼ記」はモデル側から執筆した長編小説である。随筆家であるが、小説も書く。犀星のことを書いたものが多く、著書に「晩年の父犀星」「追想の犀星詩抄」「父室生犀星」「父犀星の秘密」「詩人の星 遙か―父犀星を訪ねて」、「あやめ随筆」「雪の墓」「うちの猫そとの猫」「花の歳時暦」などがある。その一方で、犀星書誌にとり組み、57年「室生犀星文学年譜」(共著)を刊行した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android