コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追想(読み)ツイソウ

デジタル大辞泉の解説

つい‐そう〔‐サウ〕【追想】

[名](スル)過去を思い出してしのぶこと。追憶。追懐。「若かりし日々を追想する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

追想

1956年製作のアメリカ映画。原題《Anastasia》。監督:アナトール・リトバク、出演:ユル・ブリンナー、イングリッド・バーグマン、ヘレン・ヘイズほか。第29回米国アカデミー賞主演女優賞受賞(イングリッド・バーグマン)。

追想

日本のポピュラー音楽。歌は女性歌手、しまざき由理(ゆり)。1976年発売。作詞:佐藤純弥、作曲:菊池俊輔。TBS系で放送されたドラマ「Gメン'75」の主題歌。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ついそう【追想】

( 名 ) スル
昔の事を思いしのぶこと。 「希臘ギリシヤの昔時を-すれども/花柳春話 純一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

追想の関連情報