宮古島のパーントゥ

デジタル大辞泉プラス「宮古島のパーントゥ」の解説

宮古島のパーントゥ

沖縄県の宮古島に伝わる民俗行事。平良市島尻地区と宮古島市野原(ぬばる)地区に伝承されている。島尻では旧暦9月、野原では旧暦12月に行われる厄払い習俗。「パーントゥ」は当地の方言妖怪や鬼を意味する。島尻地区では仮面をつけ全身蔓草をまといまみれになったパーントゥ役の若者が各戸を巡り、人々に泥をつけて災厄を祓い祝福を与える。野原地区のパーントゥは「サティパロウ(里払い)」ともいい、集落の女性と小学校高学年の男子のみが参加する。集落各戸を巡って厄を祓い祝福を与えるのは同じだが、泥塗りなどはなく穏やかな行事。1993年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android