宮尾 たか志(読み)ミヤオ タカシ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

宮尾 たか志
ミヤオ タカシ


職業
司会者 漫談家

本名
宮尾 正

生年月日
昭和12年 9月7日

出身地
東京都

学歴
中卒

経歴
落語家として桂小燕(えん)の名で2年間高座に上がった後、昭和23年、司会業に転じ、近江俊郎はじめ美空ひばり、三波春夫ら、次々と登場した人気歌手のワンマンショーの司会を務め、「司会者は包装紙」が口グセだった。33年、東宝名人会で漫談家としてもデビューし、日常会話を生かした小粋な味で人気を博す一方、「漫談道場」を主宰して後進の育成にも努めていた。

没年月日
昭和60年 9月28日 (1985年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android