コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎成身 みやざき せいしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎成身 みやざき-せいしん

?-? 江戸時代後期の武士。
幕臣。小十人頭,のち持弓之頭。「大狩盛典」「通航一覧」などの幕府編纂(へんさん)事業に従事する。また文政13年(1830)から30年以上にわたって,政治,事件,災害などのさまざまな資料や情報を「視聴草(みききぐさ)」178冊にまとめた。初名は成之(しげゆき)。字(あざな)は信卿。通称は太一郎,次郎太夫。号は百拙斎,栗軒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の宮崎成身の言及

【教令類纂】より

…江戸幕府の法令集。旗本で教養の高かった先手頭宮崎成身が職務の余暇に編集した法令集で,初集はほぼ慶長期(1596‐1615)~1715年(正徳5)。二集は16‐86年(享保1‐天明6)の幕府法令を集め,1829年(文政12)に完成した。…

※「宮崎成身」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宮崎成身の関連キーワード教令類纂幕臣

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android