コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

次郎太夫 じろうだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

次郎太夫 じろうだゆう

?-? 戦国時代の陶工。
享禄(きょうろく)(1528-32)のころ,伊賀(いが)丸柱村(三重県阿山町)で,それまで断絶していた伊賀焼を太郎太夫とともに再興したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

次郎太夫の関連キーワード鼠小紋東君新形東京都青ヶ島村高木甚左衛門荒木田盛徴雁のたより細井広沢宮崎成身諸葛琴台諸葛帰春戦国時代東軍流助成享禄陶工

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android