宮崎柳泉(読み)みやざき りゅうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎柳泉 みやざき-りゅうせん

1796-1875 江戸後期-明治時代の柔術家。
寛政8年生まれ。肥前平戸藩(長崎県)の年寄方書役。武芸にこころざし,江戸で佐藤栄吉郎に楊心流柔術をまなぶ。帰藩して体術師範となり,士籍にのぼった。明治8年8月10日死去。80歳。本姓鮎川。名は正隆。通称は一八。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android