コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮎川 あゆかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鮎川
あゆかわ

宮城県東部,石巻市南東にある旧牡鹿町の中心地区。旧町名。牡鹿半島先端の漁港で,鮎川浜ともいう。かつては捕鯨基地だった。金華山,網地島石巻などへ定期船が通じる。牡鹿コバルトライン終点で,南三陸金華山国定公園の中心。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あいかわ【鮎川】

姓氏の一。

あゆかわ【鮎川】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鮎川
あゆかわ

宮城県東部、石巻(いしのまき)市東部の一集落。旧鮎川町。明治末期から近海捕鯨の基地として大いに繁栄した。家族旅行村オートキャンプ場などがある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鮎川の言及

【牡鹿[町]】より

…平地がほとんどなく,産業の中心は漁業である。中心集落の鮎川は牡鹿半島の南端にある漁業集落で,明治末期に大手捕鯨会社が進出して以来,近海捕鯨の基地になっている。半島の沿岸や網地島には13の漁港があり,沿岸漁業やワカメ,カキなどの養殖が行われる。…

※「鮎川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鮎川の関連キーワード鮎川義介(あゆかわよしすけ)白昼の悪魔/鬼貫警部事件簿早春に死す/鬼貫警部事件簿わるい風/鬼貫警部事件簿モーツァルトの子守歌人それを情死と呼ぶ西南西に進路をとれ太鼓叩きはなぜ笑う戌神はなにを見たかヴィーナスの心臓サムソンの犯罪楡の木荘の殺人ブロンズの使者クイーンの色紙青いエチュード死者を笞打て悪魔はここにペトロフ事件鍵孔のない扉消えた奇術師

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鮎川の関連情報