鮎川(読み)あゆかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鮎川
あゆかわ

宮城県東部,石巻市南東にある旧牡鹿町の中心地区。旧町名。牡鹿半島先端の漁港で,鮎川浜ともいう。かつては捕鯨基地だった。金華山,網地島石巻などへ定期船が通じる。牡鹿コバルトライン終点で,南三陸金華山国定公園の中心。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あいかわ【鮎川】

姓氏の一。

あゆかわ【鮎川】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鮎川
あゆかわ

宮城県東部、石巻(いしのまき)市東部の一集落。旧鮎川町。明治末期から近海捕鯨の基地として大いに繁栄した。家族旅行村オートキャンプ場などがある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鮎川の言及

【牡鹿[町]】より

…平地がほとんどなく,産業の中心は漁業である。中心集落の鮎川は牡鹿半島の南端にある漁業集落で,明治末期に大手捕鯨会社が進出して以来,近海捕鯨の基地になっている。半島の沿岸や網地島には13の漁港があり,沿岸漁業やワカメ,カキなどの養殖が行われる。…

※「鮎川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鮎川の関連情報