コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎畏斎 みやざき いさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎畏斎 みやざき-いさい

?-? 江戸時代中期の儒者。
江戸の人。岡田寒泉にまなび,小石川私塾をひらく。入門書「為学邇言(いがくじげん)」をあらわし,子の栗軒が文政5年(1822)刊行。名は成美。字(あざな)は子慎。別号に蘘谷。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宮崎畏斎の関連キーワード儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android