コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成美 せいび

百科事典マイペディアの解説

成美【せいび】

江戸後期の俳人。姓は夏目,名は包嘉。江戸蔵前の札差。通称井筒屋八郎右衛門。別号,随斎,四山道人等。特定の師をもたず,都会人らしい洗練・清雅な句風で大家の声望を得た。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいび【成美】

1749‐1816(寛延2‐文化13)
江戸後期の俳人。姓は夏目,名は包嘉。幼名は泉太郎。通称は井筒屋八郎右衛門(5代目)。初号は八良治。別に修行庵,随斎,四山道人などの号がある。江戸蔵前の札差の家に生まれ,16歳で家督を継ぐ。伯父祇明,父宗成以下成美一族は挙げて俳諧をよくし,彼も幼少より句をたしなむ。15歳のとき荘丹の《猪武者》に八良治の号で入集。初め2世祇徳に親しんだが,一流派に属さず,門戸も構えず,自ら〈俳諧独行の旅人〉と称した。虚弱多病で脚疾に苦しんだが,人柄は温厚篤実で長者の風格をそなえ,一茶の庇護者として知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成美
せいび

夏目成美」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成美
せいび
(1749―1816)

江戸後期の俳人。夏目氏。名は包嘉。江戸蔵前の富裕な札差(ふださし)の家に生まれ、16歳で家督を継ぐ。通称井筒屋八郎右衛門(5代目)。父に習って幼時から俳諧(はいかい)を始め、15歳のおりに松庵撰(しょうあんせん)『猪武者(いのししむしゃ)』(1763)に八郎治の号で入集(にっしゅう)。翌年、成美と改号。別号随斎、四山道人など。一時は2世祇徳(ぎとく)に親しんだこともあるが、流派に属さずに俳諧を楽しんだ。人格円満で長者の風を備え、几董(きとう)、重厚(じゅうこう)、巣兆(そうちょう)らと親しかったが、とくに一茶(いっさ)の庇護(ひご)者として知られる。句風は平明で清雅。文章にも長じ、文集『四山藁(こう)』(1821刊)や俳話集『随斎諧話』(1819刊)、注釈書『七部集纂考(さんこう)』(成立年不明)等があり、また、『杉ばしら』ほか9点の句日記も知られる。化政期江戸俳壇四大家の一人とされる。[櫻井武次郎]
 白ぼたん崩れんとして二日見る
『石川真弘編『夏目成美全集』全1巻(1983・和泉書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

成美の関連キーワードダイコンおろしのビタミンC変化リミット もしも、わが子が…バカヤロー! 私、怒ってますヴァンサンカン・結婚キモチいい恋したい!佐賀県立佐賀高等学校マタニティウォーズ犬死にせしものかたちあるもの福知山公立大学時をかける少女この愛に生きてさよならママ素顔のままで咬みつきたい五番町夕霧楼そろばんずく親子ジグザグ親子ウォーズアーロと少年

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成美の関連情報