小石川(読み)こいしかわ

日本大百科全書(ニッポニカ)「小石川」の解説

小石川
こいしかわ

東京都文京区南西部の地区。旧小石川区で、現文京区の西半部を占めていた。本郷(ほんごう)台と豊島(としま)台(大塚台と小日向(こびなた/こひなた)台)の間を流れる川は礫川とも書き、小石の多い川であったことが地名の由来。いま川は暗渠(あんきょ)となり、存在さえはっきりしない。台地面は、江戸時代には畑地が広く、武家屋敷、寺院、住宅がまばらにみられた。現在の小石川地区は明治以後、学園、住宅地として発展、また旧小石川のは出版・印刷業が集中している。伝通院(でんづういん)のほか、寺院が多い。

沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「小石川」の解説

こいし‐かわ ‥かは【小石川】

[1] 〘名〙 底に小石が多くころがっている川。
浄瑠璃信州川中島合戦(1721)四「小川小石川ころびあふてころびころび」
[2]
[一] 旧東京市の三五区の一つ。昭和二二年(一九四七)、本郷区と合併して文京区を形成。今日の文京区の西半部にあたり、白山、大塚、目白台、音羽、後楽などが含まれる。
[二] 東京都文京区中央部の地名。台地上は学校・住宅地区で、低地には印刷・製本工場が多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「小石川」の解説

小石川【こいしかわ】

東京都文京区西半部の旧小石川区をさす。山手台地とこれを切る谷からなり,江戸時代は武家屋敷と寺院が多く,小石川薬園小石川植物園),小石川養生所があった。現在の小石川は白山通りと春日(かすが)通りにはさまれた地で,学校,印刷・製本工場が多い。
→関連項目キリシタン屋敷元禄の大火

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「小石川」の解説

小石川
こいしかわ

東京都文京区南部の地区。旧区名。印刷・製本工場が多く,伝通院をはじめ寺や学校も立地。北に隣接する白山に東京大学理学部付属小石川植物園 (→小石川薬園 ) がある。白山通り,春日通りが通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「小石川」の解説

こいしかわ【小石川】

東京都文京区西部の地区名。小日向・白山両台地とその間の低地を含む神田川北岸の地区を指すが,狭には現在の1~5丁目の行政町名を指す。中世以来小石川の地名があったが,1878年関口,音羽など周辺地域を合わせて東京府小石川区が成立した。1947年本郷区と合併して東京都文京区となった。本郷台と小日向台を分ける小石川の谷には,共同印刷の本社工場をはじめ,製本・印刷工場が多い。台地上は静かな住宅地で,お茶の水女子大学,拓殖大学付近は文教地区となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android