コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮薗千之(3代) みやぞの せんし

1件 の用語解説(宮薗千之(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮薗千之(3代) みやぞの-せんし

1879-1946 明治-昭和時代前期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
明治12年生まれ。2代千之の門人。明治34年2代宮薗千秀を名のり,昭和7年宮薗節千之派の3代家元をつぐ。河東(かとう)節では山彦ふさ子,荻江(おぎえ)節では荻江ふさを名のった。昭和21年10月3日死去。68歳。東京出身。本名は片山ふさ(房枝)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宮薗千之(3代)の関連キーワードイタリア映画新日本文学戦争放棄カストリ雑誌北朝鮮新教育世界(雑誌)織田純一郎ドンケル=クルティウス変朽安山岩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone