宮迫千鶴(読み)みやさこ ちづる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮迫千鶴 みやさこ-ちづる

1947-2008 昭和後期-平成時代の洋画家,エッセイスト。
昭和22年10月16日生まれ。谷川晃一の妻。美術活動のかたわら家族,暮らし,女性論などの評論活動を展開する。昭和63年伊豆高原に移住してから,「心と体をめぐる癒し」に関心をふかめ,自然をテーマとした作品と文章を発表。平成20年6月19日死去。60歳。広島県出身。広島県立女子大卒。著作に「サボテン家族論」「海と森の言葉」「かぼちゃの生活」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android