コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家庭薬 カテイヤク

デジタル大辞泉の解説

かてい‐やく【家庭薬】

完成した製法と安定した効能を持ち、古くから用いられている医師の処方が不要な大衆薬の一。家庭に常備しておき、微熱やすり傷など軽い症状のときに用いる。伝統薬。→置き薬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かていやく【家庭薬】

家庭で、医師の指示なく風邪・胃痛・小さなけがなどのために使う薬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家庭薬の関連キーワードヘルス・アンド・ビューティ・エイズアンソクコウノキ富山の薬売り基山[町]藤井得三郎家庭常備薬中沖太七郎滑川(市)医薬品工業ウイキョウアスピリン配置家庭薬家庭薬局コロンボ筑紫平野和剤局方陀羅尼助反魂丹ダイト鹿島市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家庭薬の関連情報