コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

処方 ショホウ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐ほう〔‐ハウ〕【処方】

[名](スル)
物事を処理する方法。処法。てだて。
医師が患者の病状に応じて、薬の調合と服用法を指示すること。「解熱剤を処方する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょほう【処方】

( 名 ) スル
処置する方法。 「 -をあやまる」
医師が患者の病気に応じて医薬品の調合や服用法を指示すること。 「風邪薬を-する」 〔「附音挿図英和字彙再版」(1882年)に英語 prescription の訳語として載る〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

処方の関連キーワード当帰四逆加呉茱萸生姜湯溶性ピロリン酸第二鉄柴胡加竜骨牡蛎湯桂枝加竜骨牡蛎湯柴胡桂枝乾姜湯桂枝加苓朮附湯処方薬依存症白虎加人参湯桂枝加芍薬湯医療用医薬品大黄牡丹皮湯桂枝加朮附湯荊芥連翹湯当帰芍薬散辛夷清肺湯桂枝茯苓丸桃核承気湯大黄甘草湯薬剤服用歴疎経活血湯

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

処方の関連情報