処方(読み)ショホウ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐ほう〔‐ハウ〕【処方】

[名](スル)
物事を処理する方法。処法。てだて。
医師が患者の病状に応じて、薬の調合と服用法を指示すること。「解熱剤を処方する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょほう【処方】

スル
処置する方法。 -をあやまる
医師が患者の病気に応じて医薬品の調合や服用法を指示すること。 風邪薬を-する 附音挿図英和字彙再版(1882年)に英語 prescription の訳語として載る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐ほう ‥ハウ【処方】

〘名〙
① 処置する方法。
② (━する) 医師が病気に応じて薬を配合すること。また、その薬の配合法。
福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉大阪修行「診て遣るけれども乃公(おれ)が自分で処方(ショハウ)することは出来ない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

処方の関連情報