家貧しくして孝子顕わる(読み)いえまずしくしてこうしあらわる

精選版 日本国語大辞典「家貧しくして孝子顕わる」の解説

いえ【家】 貧(まず)しくして=孝子(こうし)(あら)わる[=孝(こう)を顕(あら)わす]

(「明心宝鑑」の「貧顕、世乱識忠臣」から) 家が貧乏だと、孝行な子の善行がはっきり人に知られる。逆境におちいった時、誠実な人間が表面にあらわれる。
※俳諧・夏炉一路(1757)籾する「家貧して孝をあらはすとこそ聞なれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「家貧しくして孝子顕わる」の解説

いえまずしくして孝子こうしあらわる

《「明心宝鑑」から》家が貧乏だと子どもの孝行ぶりがはっきりわかる。
逆境に陥ったときにはじめて、それを助けるものが現れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android