宿根亜麻(読み)シュクコンアマ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅっこん‐あま シュクコン‥【宿根亜麻】

〘名〙 アマ科の多年草。中部ヨーロッパ原産で、明治時代に渡来し、観賞用に庭園で栽培される。茎は細長く高さ約六〇センチメートル。葉は多数つき、長さ約二センチメートルの細い針形。春、茎頂に鮮青色の径二・五センチメートルぐらいの五弁花が咲く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android