コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄(せ)絵 ヨセエ

デジタル大辞泉の解説

よせ‐え〔‐ヱ〕【寄(せ)絵】

ある物を集めて一つの形とした絵。幕末の浮世絵師歌川国芳と弟子が描いた、人の顔が多数の人の形からなっている絵などが有名。16世紀のヨーロッパにもイタリアのアルチンボルドのように同じような構想の絵がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

寄(せ)絵の関連キーワード徳川家継月光院

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android